東京人の広島カープ応援奮闘記

東京人です。広島を好きになったのは、1986年の日本シリーズ、第1戦引き分けの後広島3連勝、後4連敗で敗戦したあの時です。家族は西武デパートが安売りをするので西武を応援していました。子供だった僕は「赤い方かわいそうじゃん」と思い、心の中で一人カープを応援していました。が、3連勝の後、4連敗。野球に興味のなかった子供でしたが、初めて真剣に見た野球で、怖さと魅力を覚えました。それ以後、野球の大ファンになりました。子供心に、カープが日本一になるまでカープを応援すると決めました。まだ日本一になっていません。もう一生カープファンです。 2連覇しました。僕の目標は広島黄金時代の到来です。毎年優勝争いに絡んで、そして優勝して、日本一になる。 東京人ですが、広島の試合はradikoで毎試合欠かさず聴いてます。テレビ中継があるときはもちろん見るし、毎年10試合近くはチケットを購入し観戦に行きます。 東京人の熱烈広島ファンの奮闘を辿るブログです。

「~カープ大変革の過程で見えた境地~」

2011年のドラフトで菊池が入団した時、

「カープにはいないタイプだね」

と言われたそうだ

その菊池はカープ球団の雰囲気が重いと感じ、

思い切って声をいろいろと出したそうだ

その時の内野守備・走塁コーチの石井琢朗氏も同じように声を出す人で、

菊池の声出しを後押ししてくれたと言う

今では名物のマツダスタジアムでのヒーローインタビュー時の水かけ、

菊池が始めたと言う

当時選手会長の梵英心氏も、

「今日は誰が行くんや?」

と言ったそうだ

そんな積み重ねで、

カープは新入団選手がすぐに馴染めると言う

菊池涼介が入団してきた時は、

まだ先輩が怖く(威圧感が強く)、

構えてしまったと言う

そんなチーム内雰囲気が変わった

14年オフに、

緒方監督に、

丸と菊池でチームを引っ張って欲しいと言われた菊池

丸と話し合い

凡ミスはしないようにとか、当たり前の事を当たり前にやろうとか、確認したと言う

17年からは田中も加わった

菊池涼介はコーチにも思った事は言う

そんな菊池涼介に選手会長の小窪哲也は、

「どうにかしてほしいなら、俺も上の人なり、しかるべき相手に話してやるから、言葉には出さないようにさせてくれ。なにかあれば、俺に言ってこい。」

と受け止めた

菊池は自分自身をリーダーでは無いと言う

リーダーはしっくりこないと言う

菊池自身はどちらかと言うと楽しくやるタイプ

リーダーは真面目で黙々とやるタイプが良いと言う

黒田氏と新井氏の存在はデカイと言う

いろいろ学んだと言う

カープは昔は投手と野手の仲が悪かったらしい

今は

一緒に食事に行く機会を作っていたり、

オフのリハビリキャンプでさっくばらんに話している

そんな結束が、

ミラクルな逆転劇を生んでいると言う


広島東洋カープの2塁手

菊池涼介氏が書いた本です

はじめに

はこの本を書く決意で最後を締めています

入団したのは2012年

から始まり

入団した時の監督野村謙二郎氏から

「お前は、野球を知らずに入ってきた」

と言われた事

多くのコーチに基本を1つひとつ学んだこと

菊池涼介氏は、

違うと思えば遠慮なく言ってしまう正確だそうです

アマチュア時代からコーチと衝突していたとあります

衝突した後、

「雨降って地固まる」ではないが、

それ以前より良好な関係を築けるそうです

それは菊池涼介の人間性ですね

彼がチームに入ってきた時は、

「空気が重いな」と言う印象だった

菊池涼介はそれを変えたいと思ったのです

なかなか出来ることじゃないですよね

その決意だけで称賛ものだと思う

この本は菊池涼介が書いた本です

カープファンなら必読です

丸の人的補償は長野でした

僕は左投手を獲ると思っていた

戸根か池田かと思っていました

若いし育てがいあると思ってました

蓋を開けてみれば長野

長野って2度ドラフトで指名されながらも(ロッテと日ハム)、

それを蹴って巨人に入った巨人愛の強い男

それをプロテクトしない巨人が悪い

長野がプロテクトされていなければ、

僕でも長野を獲ります

新井エルの退団で、

右の強打者不足しているし

外野はレフトが西川バティスタメヒアってとこだけど、

守備に不安があるし

長野はバリバリのレギュラーじゃないと思う

守備固めも出来るし(ちょっと失礼か?)、

右の代打の切り札にもなれるし(失礼か?)、

いい補強をしました

僕は丸の穴は西川でほぼ埋まると思っている

内野から守備の負担の少ない外野に回って、

開花した選手はいる(確か福留)。

新井の穴を長野が埋めてくれるなら、

4連覇夢では無くなってきた

大型補強の巨人阪神は手強いけど、

2019年は熱くなりそうです

このページのトップヘ