東京人の広島カープ応援奮闘記

東京人です。広島を好きになったのは、1986年の日本シリーズ、第1戦引き分けの後広島3連勝、後4連敗で敗戦したあの時です。家族は西武デパートが安売りをするので西武を応援していました。子供だった僕は「赤い方かわいそうじゃん」と思い、心の中で一人カープを応援していました。が、3連勝の後、4連敗。野球に興味のなかった子供でしたが、初めて真剣に見た野球で、怖さと魅力を覚えました。それ以後、野球の大ファンになりました。子供心に、カープが日本一になるまでカープを応援すると決めました。まだ日本一になっていません。もう一生カープファンです。 2連覇しました。僕の目標は広島黄金時代の到来です。毎年優勝争いに絡んで、そして優勝して、日本一になる。 東京人ですが、広島の試合はradikoで毎試合欠かさず聴いてます。テレビ中継があるときはもちろん見るし、毎年10試合近くはチケットを購入し観戦に行きます。 東京人の熱烈広島ファンの奮闘を辿るブログです。

黒田は男気(おとこぎ)も届かず、6敗目を喫した。1回2死一塁から平田の打球に「いちも反射です」と右手を出した。ボールは手のひらに直撃。一時ベンチで治療し「僕自身は投げれると思ったので」とマウンドに戻り、後続を断った。ただ、4回に遠藤に先制3ランを被弾。5回に代打が送られ降板した。「(本塁打は)結果的に決勝点なので。もったいなかった。やることをやって自分を信じてチャレンジするしかない」と話した。現時点では病院で検査を受ける予定はない。次回当番について、ベテラン右腕は「大丈夫だと思うけど、あしたにならないと分からない」と話した。

グスマン、レフトで起用に反対。守備が不安。松山の方が安心。松山は相手投手が左腕でも、起用する価値のある選手だと思う

5番梵に反対。梵は7番くらいで起用した方が生きると思う。

菊地一番、丸2番で起用も反対。丸にバントができるのか?

昨日の試合なら、 
1番 丸 センター
2番 菊地 セカンド
3番 鈴木誠 ライト
4番 新井 ファースト
5番 松山 レフト
6番 田中 ショート
7番 梵 サード
8番 石原 キャッチャー
9番 黒田 ピッチャー

が僕の考える理想のオーダー 


 

まずは15日の試合

マエケンはよく投げた。でもエースなら勝ちを拾わなければいけない。チームが1点しか取れないのなら、0点に抑えて欲しい。

僕は今でも中崎ストッパーは反対。荷が重いと思う。中崎だったら大瀬良の方がストッパーに向いていると思う。

梵5番も反対。荷が重いと思う。サードを相手ピッチャーに合わせて、木村ショーゴと併用が正解だと思う。

16日の試合。

この試合負けたらズルズルと下がっていく予感のする大事な試合。

福井がよく投げた。頼りになるピッチャーに成長したな。

松山よく打った。僕は松山はレギュラーで使うべきだと思う。

梵7番も正解。気楽なポジションで打たせるべき選手だ。
最強の広島カープ論 (廣済堂新書)
二宮 清純
廣済堂出版
2015-05-31


 

<広島8-4DeNA>◇14日◇マツダスタジアム

 広島新井貴浩内野手(38)が2試合連続の活躍だ。5回1死一、二塁、試合を決める左二塁打を放った。内角高めの球に腕を畳みながら思い切りバットを振り抜いた。快音を残した打球は左中間で弾んだ。二塁走者の生還を見届けると、チームメートに向けて喜びを爆発させた。「1打席目もインサイドに入ってきていたので、頭の中にはあった。失投ではなかったのでね」と、サラリと言ってのけた。

 7月は月間打率が2割1分7厘と低調だった。なかなか浮上できなかったチーム状態と重なる。しかし8月に入り、月間打率は3割超。前日の満弾含む4安打4打点に続き、この日も先制点と決勝点をたたき出した。「徐々にいい反応だったかなという打席はある。そういうのを増やしていかないといけない」。2試合連続2桁安打の打線をけん引するも「1日2日でどうこうは言えない。打撃はそんなに甘いものじゃない。気を引き締めて入らないといけない」と冷静だ。

 広島は2連勝で上位浮上へ弾みをつけた。緒方監督は「新井が追い付かれたけど、勝ち越してくれた」とたたえた。存在感を増す主砲は「今日は良かったけど、また明日。1試合1試合」と、また新たな戦いを見据え表情を引き締めた。【前原淳】

 

このページのトップヘ