東京人の広島カープ応援奮闘記

東京人です。広島を好きになったのは、1986年の日本シリーズ、第1戦引き分けの後広島3連勝、後4連敗で敗戦したあの時です。家族は西武デパートが安売りをするので西武を応援していました。子供だった僕は「赤い方かわいそうじゃん」と思い、心の中で一人カープを応援していました。が、3連勝の後、4連敗。野球に興味のなかった子供でしたが、初めて真剣に見た野球で、怖さと魅力を覚えました。それ以後、野球の大ファンになりました。子供心に、カープが日本一になるまでカープを応援すると決めました。まだ日本一になっていません。もう一生カープファンです。 2連覇しました。僕の目標は広島黄金時代の到来です。毎年優勝争いに絡んで、そして優勝して、日本一になる。 東京人ですが、広島の試合はradikoで毎試合欠かさず聴いてます。テレビ中継があるときはもちろん見るし、毎年10試合近くはチケットを購入し観戦に行きます。 東京人の熱烈広島ファンの奮闘を辿るブログです。

マエケンが「北関東」の借りを返す。今日21日から前橋、宇都宮で行われる巨人2連戦を前に前田は群馬・伊勢崎市内のマウンドで投球練習した。昨年9月、首位に1ゲーム差で迎えた長野からの北関東遠征で巨人に3連敗を喫し、優勝争いから脱落。前田も2戦目の上毛敷島で先発し6回4失点で敗れた。「昨年のことは引きずってもしょうがないし、引きずっていない」。明日22日の先発に平常心を強調した。

明日22日は前田、今日21日は大瀬良だそうです。
巨人との2連戦。連勝で行きましょう。

 

緒方監督の采配ズバリで3カードぶりの勝ち越しを決めた。2回は1死一類から梵がエンドランを成功。一、三塁となり、田中が初球をセーフティースクイズで1点先制。昇格したばかりの小窪、シアーホルツにも安打が出て、野間と鈴木誠には本塁打が出た。緒方監督は「若い選手が打ってくれて、自信にしてくれれば」とうなずいた。

僕は梵には見切りをつけて、堂林、安部を起用してもらいたいと思っていますが・・

まぁ勝てばいいのです。


 

こういう試合を勝ち切らないと、壁は越えられない。あと一息まで来ているので、明日に期待しましょう。

厚い壁ですね。何度跳ね返されているのだか。
リリーフ再編成は急務!

今季延長戦、6戦全敗だったかな!?

話になりません。

打線は梵がブレーキかと。
梵のところで打線が切れている。

サードは調子の良い安部に固定で!


 

このページのトップヘ