東京人の広島カープ応援奮闘記

東京人です。広島を好きになったのは、1986年の日本シリーズ、第1戦引き分けの後広島3連勝、後4連敗で敗戦したあの時です。家族は西武デパートが安売りをするので西武を応援していました。子供だった僕は「赤い方かわいそうじゃん」と思い、心の中で一人カープを応援していました。が、3連勝の後、4連敗。野球に興味のなかった子供でしたが、初めて真剣に見た野球で、怖さと魅力を覚えました。それ以後、野球の大ファンになりました。子供心に、カープが日本一になるまでカープを応援すると決めました。まだ日本一になっていません。もう一生カープファンです。 2連覇しました。僕の目標は広島黄金時代の到来です。毎年優勝争いに絡んで、そして優勝して、日本一になる。 東京人ですが、広島の試合はradikoで毎試合欠かさず聴いてます。テレビ中継があるときはもちろん見るし、毎年10試合近くはチケットを購入し観戦に行きます。 東京人の熱烈広島ファンの奮闘を辿るブログです。

昨日の試合は球場で野球観戦しました。

なぜ、大瀬良を2イニング引っ張ったのか?
セットアッパーとして育てるなら、1イニング限定で投げさせた方が良い。
ヒースも中田も戻ってきて、リリーフ陣駒がそろったのなぜ2イニング引っ張ったのか?

理解不能です。
守備の乱れもあって同点に追いつかれてしまいます。
大瀬良、かわいそうでした。

明らかにベンチのミス
先発で波に乗れないからリリーフに回したは理解できるけど、
中途半端な気用法では逆効果。

緒方監督、しっかりしろ!
最強の広島カープ論 (廣済堂新書)
二宮 清純
廣済堂出版
2015-05-31

前田が勝ち星を上回る5敗目を喫した。7回まで2失点に抑えるも「修正できなかった。どの球も使えなかった」。同点の8回。1死一塁で自らのけん制悪送球からピンチを広げると、1死満塁から秋山に左翼線へ2点適時打を浴びた。今季初めてクオリティースタートを逃し、今季最多135球の粘投も報われなかった。

昨日は球場へ行き生観戦しました。前田は本調子とは言えずに苦しんでいました。そんな中よく粘っていたのだけど・・昨日の試合は力負けです。西武の方が強かった。それだけです・・

広島よ、試合を重ねる中で成長しろ!
最強の広島カープ論 (廣済堂新書)
二宮 清純
廣済堂出版
2015-05-31

1勝6敗 大瀬良

昨年の新人王、広島大瀬良が中継ぎで登板する可能性が浮上した。2年目はここまで1勝6敗。チームは大瀬良の次回登板予定だった10日に野村を中5日で投入する方針を固めた模様で、野村が登板予定だった11日に6年目の武内を先発させる見込み。ローテーションの再編で、大瀬良がリフレッシュをかねてブルペン待機する可能性もある。首脳陣は口を閉ざし、本格的な決定は今日9日以降に下される模様。大瀬良は「任されたところで仕事をしたい。どこであれチームのために投げたい」と腕を回す。広島ではかつて大野、佐々岡ら主力投手が先発と抑えの両輪を担ってきた。大瀬良もポジションがどこであれ、惜しみなく腕を振る。
最強の広島カープ論 (廣済堂新書)
二宮 清純
廣済堂出版
2015-05-31


このページのトップヘ