東京人の広島カープ応援奮闘記

東京人です。広島を好きになったのは、1986年の日本シリーズ、第1戦引き分けの後広島3連勝、後4連敗で敗戦したあの時です。家族は西武デパートが安売りをするので西武を応援していました。子供だった僕は「赤い方かわいそうじゃん」と思い、心の中で一人カープを応援していました。が、3連勝の後、4連敗。野球に興味のなかった子供でしたが、初めて真剣に見た野球で、怖さと魅力を覚えました。それ以後、野球の大ファンになりました。子供心に、カープが日本一になるまでカープを応援すると決めました。まだ日本一になっていません。もう一生カープファンです。 2連覇しました。僕の目標は広島黄金時代の到来です。毎年優勝争いに絡んで、そして優勝して、日本一になる。 東京人ですが、広島の試合はradikoで毎試合欠かさず聴いてます。テレビ中継があるときはもちろん見るし、毎年10試合近くはチケットを購入し観戦に行きます。 東京人の熱烈広島ファンの奮闘を辿るブログです。

まずは先発オーダー
バティスタが4番に入った
相手先発は右なのに
松山じゃないの?
この頃結構出ていたから休養か?
規定打席到達のメドがついたから休養か?

曽根が先発オーダーに
投手以外のポジションなら何処でも守れるという
足が早くて肩も強いという
貴重なバックアップだ
この先発の機会に、
レベルアップして欲しい

1回表
高橋樹也が先発
いきなり捕まる
クライマックスに向けて考えると、
高橋樹也はよくてリリーフだと思うが、
立ち上がり捕まるのは、
中継ぎとしても使うのは不安
解説の横山氏もそこを指摘していた
4失点

1回裏
ワンアウトから野間ヒット
しかし盗塁失敗
でも野間ならどんどん走れ
そして規定打席が目の前

3回裏
會澤ヒット
曽根四球
四球を選べるのが良いね
曽根くん
田中の3ベースと
野間がエラーを誘い
3得点
しかし続くチャンスに丸バティスタ打てず
バティスタは4番の器じゃない
現時点では間違いなく
6番か7番あたりで気軽に打たせるのが良いと思う

5回表
高橋樹也初回崩れたが、
立ち直りここまで来た
しかし上位打線に出塁を許し、
ピンチを迎える
ここで広島ベンチ動く
ヘルウェグ登場
バレンティン雄平を抑える
ヘルウェグ良いです
155キロを記録する豪腕
2軍ではコントロールが乱れる事が多かったそうだが、
1軍では集中力が違うのか、
そんなに乱れない
解説の横山氏も、
この試合を振り返り、
ここがターニングポイントと言った
ヘルウェグの事を褒めていました
クライマックに向けて秘密兵器になるかも!

7回裏
ワンアウトから會澤四球曽根デットボール
ここで途中出場の頼れる松山
同点タイムリー
いいね
しかし
その後のチャンスに田中野間凡退

8回表
フランスアランナー出すも無失点

8回裏
ランナー2人を貯めて會澤タイムリスリーベース
さらに曽根タイムリー
曽根使えます
ショート田中セカンド菊池で出る幕無いけど、
頼もしいバックアッパーだ

9回
中崎が締める

ヒーローインタビューは會澤と曽根
曽根は緊張していた
試合より緊張したと言っていた
「マツダスタジアムのスタンドを見てどう思いますか?」
との
質問に
「赤いです」
と答えた
愛すべきキャラです

まずは先発オーダー
優勝を決めた翌日、
規定打席に到達させようとか、
経験を積ませようとか、
狙いの見れるオーダー

田中1番
連続試合出場がかかっているから
そして最近復調した調子を万全とするため
野間を2番
規定打席が狙えるから
丸3番
ホームラン王が狙えるから
松山3番
規定打席が狙えるから
安部5番
復帰まもないので経験を積ませるため
西川ファースト
サードでの送球が乱れることの多い西川に
送球する事が無いファーストで実験
曽根8番セカンド
経験を積ませるため

勝利を目的としたオーダーではない

試合を見てみよう

2回裏
安部粘って四球
この粘りが調子を上げると見る
クライマックスではサードは守備の安定している、
安部が濃厚
そしてファーストを守る西川がヒットで続く
解説の安仁屋氏によると、
ファーストは松山新井バティスタと、
ライバルが多い
ファーストでの出場は難しいと言う

3回表
先発野村失点
野村も厳しいけど二桁勝利が狙えるから、
勝って欲しいんだけど

3回裏
田中粘りの四球
そして盗塁
田中奇跡が起きれば盗塁王も狙える
野間タイムリー
丸松山四球
安部犠飛
この犠飛は最低限の仕事
続く西川打たず

4回裏
會澤四球
曽根ヒット
このヒットがいいね
野村バスターで繋ぐ
バントと見せかけてヒッティング
田中犠飛
最低限の仕事
ピッチャー左利きのハフに交代
野間丸打てず

5回表
2アウトから
ヒット2本にホームラン
野村踏ん張れず
2桁は無理か・・

6回表
野村失点
もう集中力が無いように思えたが、
優勝の翌日、
そんなにピッチャーも使いたくないのだろうと思う
2アウトからヘルウェグ登場
僕はこの投手に期待している

6回裏
代わった磯村2ベース
磯村もアピールしなきゃいけない

7回表
ヘルウェグけん制悪送球とか
四球あるもなんとか無失点
細いプレーが苦手だと、
解説の安仁屋氏は言う
ジャクソンとどっちがチームのためになるか・・

8回表
広島ピッチャー藤井登場
解説の安仁屋氏によると、
良いストレートを投げるらしいが、
変化球に頼って打たれる
クライマックスには厳しい

曽根はダブルプレーの取れるゴロをこぼしたりした
セカンドのバックアップには使えるかも
足が速いし、
使い所のある選手と見た

まずは先発オーダー
田中が完全に復調し、
一番に定着
相手投手が右の時は5番に松山
守備に難のある西川は先発を避け、
安定している安部を起用
物凄く同意
この緒方采配は完璧

広島先発は九里
気の強い九里
後からradikoでの情報だと、
この優勝のかかる試合で緊張しなかったという
むしろ楽しみが多かったという
さすがの気の強さ

1回裏
先頭田中ヒット
菊池送りバント
丸タイムリー
丸のバットスイングがコンパクトになったのはデカイ
ホームランを意識して大振りになっている時は心配だったが、
もう大丈夫でしょう
誠也四球
松山ショートゴロがイレギュラーして2ベースに
マツダスタジアムの地面は広島に味方した
野間ピッチャーへの内野安打タイムリー
運が味方している
さらに會澤タイムリー
安部犠飛
計5点

2回裏
2アウトから丸誠也ヒット
ここで松山打てず

4回表
九里連打を浴び、さらに四球でノーアウト満塁
ここでバッターバレンティン
をファーストフライ
続く雄平をダブルプレー
九里は吠えた
解説の安仁屋氏は「おっしゃ」と言った

5回裏
誠也一塁へヘッドスライディングの内野安打
解説は
「こんな鈴木誠也見たことない」
と言った
松山凡退の後
野間タイムリー3ベース
さらにチャンスももう一本は出ず
でも貴重な中押し

6回裏
田中ヒット
菊池バントで相手エラー
丸ファーストゴロで一点
誠也四球
松山タイムリー2ベース
貴重なダメ押し
さらに2,3塁のチャンスに野間會澤打てず
でも完璧な広島の流れ

7回裏
先頭安部3ベース
ここで次打者九里に東出バッティングコーチが耳打ち
振るなとの指示と見られる
九里振らずに三振
続く田中タイムリー
菊池もヒットで繋ぎ
丸タイムリー
さらにチャンスで誠也三振
大歓声の新井登場も凡退
でも貴重なダメのダメ押し

8回まで九里
ベストピッチでしょ!
いい仕事した

9回は中崎

広島優勝
最高です

緒方監督の優勝監督インタビューは普通だと思った
監督は選手より目立っちゃダメだと思っている僕には、
それで良いと思う

ビールかけでは新井さんがバティスタをいじっていた
僕らが欲しいフラッグはリーグ優勝のフラッグでは無いと言った
日本一のフラッグが欲しいんだと言った

その後の選手インタビューで、
大瀬良は開幕当初は自分の事でせーいっぱいだったと言うが
勝利を積み上げることで、
先発投手の先頭を切っていかなければと言う、
自覚が出来たと言う

広島のOB木下氏が、
日本一になると全然違うと言う
経験値として違うと言う
一年を勝って終わると全然違うと言う
ファンも日本一だと全然違うと言う

僕はファンとして、
日本一になった事が一度もない
(生まれてファンになる前に日本一になった事はあるが)
日本一になりたい
期待してます

優勝おめでとう
ファンの皆様、
ブログの読者の皆様、
本当におめでとう

でも戦いはまだこの先が重要です
気を引き締めて戦いましょう

このページのトップヘ