東京人の広島カープ応援奮闘記

東京人です。広島を好きになったのは、1986年の日本シリーズ、第1戦引き分けの後広島3連勝、後4連敗で敗戦したあの時です。家族は西武デパートが安売りをするので西武を応援していました。子供だった僕は「赤い方かわいそうじゃん」と思い、心の中で一人カープを応援していました。が、3連勝の後、4連敗。野球に興味のなかった子供でしたが、初めて真剣に見た野球で、怖さと魅力を覚えました。それ以後、野球の大ファンになりました。子供心に、カープが日本一になるまでカープを応援すると決めました。まだ日本一になっていません。もう一生カープファンです。 2連覇しました。僕の目標は広島黄金時代の到来です。毎年優勝争いに絡んで、そして優勝して、日本一になる。 東京人ですが、広島の試合はradikoで毎試合欠かさず聴いてます。テレビ中継があるときはもちろん見るし、毎年10試合近くはチケットを購入し観戦に行きます。 東京人の熱烈広島ファンの奮闘を辿るブログです。

1回表
クリーンアップ3連打で得点
交流戦に入って、
打撃陣は好調
タナキクが打ててないが、
全体的には、
それを補う活躍

1回裏
九里踏ん張れず
点取ってすぐに打たれるのは良くない

2回表
下位でチャンスを作りタナキク
ワンアウト2.3塁で得点出来ず
タナキクはちょっと重症

3回裏
九里失点
まぁ九里に無失点は期待してない
試合を作れば先発として合格だけど・・

4回表
野間盗塁後に會澤タイムリー
その後西川ヒット
田中ファーボール
ワンアウト満塁で菊池
打てず
重症です

5回表
広島の猛攻は続く
ロッテのエラーも絡み2得点
これはイケルと思った

しかし6回裏
九里打たれる
九里は100球くらいしかもたない
野村が帰ってきたらロングリリーフ要員だな
力がないとか実力がないとかって話じゃない
先発として適任じゃないんだ
ロングリリーフ要員としての才能があるんだ
リリーフ今村も打たれる
今村も回の途中からでは難しかったであろう

その後、広島ランナー出すも無得点
打撃陣は5点取ればまぁ合格

このところ投手陣が悪いよ

ジョンソンと野村がそろそろ帰ってくるだろう

まだまだこれからだけど、

交流戦は短い

早く立て直して挑め

高橋昴也はまだ若い
それがよくわかった試合だ
打線はそこそこやった
しかしジョンソンのいないこのタイミング
ある意味捨て試合だと思う

1回裏
高橋昂也、3本のヒットで失点
でもここを1失点で切り抜けるは、
まぁ良い

2回表
1,2塁のチャンスに、
左バッター3人
野間、西川、安倍
これで一点獲らなきゃ
特に安倍は重症

4回裏
高橋昂也打たれる
3失点
リリーフにアドゥワ
アドゥワはいいね
ヒットは打たれるが連打を許さない

6回表
広島反撃
3得点
もう一本欲しかったが
西川、この前のヒットはまぐれか?

7回裏
一岡登場
でも2ラン打たれる
一岡が踏ん張ればまだわからなかった

8回裏
佐藤も打たれる
しょうがないね
経験を積ませる試合になった

9回表
堂林がファーボール選ぶも無得点でゲームセット

経験を積ませる捨て試合になった
こう言う試合もある

大瀬良くん、
4回はエラー絡みで危なかったですが、
(野村弘樹氏は4回のみ大瀬良じゃ無かったと言った)
見事立ち直りナイスピッチング
エラーで気落ちし、
余計な力が入り、
投球を乱すはよくある事です。
プロでもピッチャーなら仕方がない

すぐに反撃した打撃陣に拍手
そして立ち直った大瀬良君に拍手

野村弘樹氏は大瀬良は最多勝を狙えると言った
最低でも背番号の数「14勝」は最低ラインだと言った

1回表
丸誠也、3,4番連続ヒットで1.3塁
ここで誠也盗塁をしかける
アウトでチェンジ
どうしてそう言う事するかな?
5番はそんなに頼りないか?
ここはじっくり攻めるとこでしょ?

2回表
松山ホームラン
いいんだけどさ、
結果論だけど1回の誠也の盗塁がなければ、
3ランだった

3回表
丸と新井のタイムリー
いいね
丸は休み明け不安だったけど、
完全復調だね
新井も心強い

4回裏
平凡なショートゴロを田中エラー
ここから大瀬良崩れる
4失点
ああ
エラーで気落ちするはよくあることだ
そして大瀬良君はエラーした田中のミスを、
取り返そうと力んだのだろう
でも最後
ワンアウト満塁のピンチを連続三振で切り抜ける
流石

5回表
すぐに丸ホームランで同点
打撃陣は守備のミスを取り返してくれる

7回表
誠也タイムリー
これぞ4番

8回表
會澤ホームラン
打撃好調
カープの正捕手は君だ

大瀬良7回まで
8回ジャクソン
9回中崎

快勝です
大瀬良が崩れたのは4回だけ
しかもエラー絡み
責められない

打撃陣は好調
多少のミスは救ってくれる

大瀬良には最多勝を獲ってもらいましょう

僕はシーズン前、

今季の鍵は大瀬良と岡田だと言った

ここまでは快調です

このページのトップヘ