東京人の広島カープ応援奮闘記

東京人です。広島を好きになったのは、1986年の日本シリーズ、第1戦引き分けの後広島3連勝、後4連敗で敗戦したあの時です。家族は西武デパートが安売りをするので西武を応援していました。子供だった僕は「赤い方かわいそうじゃん」と思い、心の中で一人カープを応援していました。が、3連勝の後、4連敗。野球に興味のなかった子供でしたが、初めて真剣に見た野球で、怖さと魅力を覚えました。それ以後、野球の大ファンになりました。子供心に、カープが日本一になるまでカープを応援すると決めました。まだ日本一になっていません。もう一生カープファンです。 2連覇しました。僕の目標は広島黄金時代の到来です。毎年優勝争いに絡んで、そして優勝して、日本一になる。 東京人ですが、広島の試合はradikoで毎試合欠かさず聴いてます。テレビ中継があるときはもちろん見るし、毎年10試合近くはチケットを購入し観戦に行きます。 東京人の熱烈広島ファンの奮闘を辿るブログです。

2016年04月

松山を4番にもってきた

緒方監督が言うには、新井やエルドレッドは6連戦の時、休ませながら使うらしい

僕は松山は鈴木と併用していいくらいの力はもっていると、思っている

鈴木は将来性豊かだから、レギュラーで使うのかもしれないけど

松山は今季前、3割3分25本を目指すと言っていた

そこまでの結果が出せるかどうかはわからないが、

是非使ってほしい選手だ

3安打の活躍

今後も期待する

それと

ヘーゲンズが結果を出している

ルナ、戻ってくる場所がない

緒方監督、結果を出しているヘーゲンズを下げて、

ルナを上がるなんてダサい采配はしないでよ

ルナ2軍はもったいないけどね
 

かっとばし カラー 広島東洋 カープ 大 22.5cm プロ野球のバットを再利用 AD-755

新品価格
¥982から
(2016/4/30 06:50時点)

風呂の中にもスマホを持ち込み、引き続き広島戦を聴いている
ゲーム終了  
岡田!何をやっているのだ!
僕の後輩・・何をやっているのだ!
せっかく先制点をとれたのに
しかし、九里はよく投げた
中継ぎ陣の救世主になれるかも
今村もヘーゲンズもよかった
中継ぎ陣の復調は好材料
投手陣に希望が見え始めた
岡田はダメだったけど
そんな日もある
その後抑えた中継ぎ陣に光を見た

攻撃陣は丸が淡白じゃなかったか!?
丸がダメだとテンション下がる
まぁ今は他にも打つ選手いるけど
8回のチャンスに鈴木誠也に大いに期待したけど・・
ダメか、若いな・・

でも光の見える敗戦だった
めげずに明日から頑張ろう

かっとばし カラー 広島東洋 カープ 大 22.5cm プロ野球のバットを再利用 AD-755

新品価格
¥982から
(2016/4/28 23:09時点)

 

広島勝利
今日は言う事なし
初回、田中出塁で菊池送るかと思いきや、強振でホームラン
緒方采配やるな!
野村もよく投げた
言う事なしの勝利だ
この調子で行け
ルナが戻ってきたらどうする?
僕的にはルナは2軍
ヘーゲンズはもうちょい使ってみたい

かっとばし カラー 広島東洋 カープ 大 22.5cm プロ野球のバットを再利用 AD-755

新品価格
¥982から
(2016/4/27 21:45時点)


今日はよく打った
大味な試合だ
思う事だが、打線はみずもの
こんなに打てる試合はなかなかない
ホームランにかき消されているが、細かいミスがあった
堂林のけん制アウト
ホームラン打ったから許されるべきではない
流れが止まるだろ!
守備固めに入った上本のエラー
流れを持っていかれるだろ!
しっかりしろ
特に堂林
期待しているだけに、ミスは痛い
ヘーゲンズが結構良さそうだ
中継ぎ陣の救世主になれると思う
だから、ルナ復帰はないんだって
中継ぎにヘーゲンズがいた方がチームとしてデカい
だからルナの代わりに三塁に入る堂林は重要なんだって
頑張れ

新井おめでとう

かっとばし カラー 広島東洋 カープ 大 22.5cm プロ野球のバットを再利用 AD-755

新品価格
¥982から
(2016/4/26 23:23時点)

   

引き続き広島戦を聴いている
福井!ピッチャーの能見にファーボール出してどうする
福井!ピッチャーの能見に打たれてどうする
しかもそれが失点に繋がっているじゃない
何をやってるのだ
新井の2千本がかかった試合で何をやっている
相手先発が左投手だったから、ライトは鈴木誠也でした
右なら松山使うのかな?
気になる緒方采配
まぁ負ける日はこんなものだ
切り替えていこう

かっとばし カラー 広島東洋 カープ 大 22.5cm プロ野球のバットを再利用 AD-755

新品価格
¥982から
(2016/4/24 23:43時点)


このページのトップヘ