東京人の広島カープ応援奮闘記

東京人です。広島を好きになったのは、1986年の日本シリーズ、第1戦引き分けの後広島3連勝、後4連敗で敗戦したあの時です。家族は西武デパートが安売りをするので西武を応援していました。子供だった僕は「赤い方かわいそうじゃん」と思い、心の中で一人カープを応援していました。が、3連勝の後、4連敗。野球に興味のなかった子供でしたが、初めて真剣に見た野球で、怖さと魅力を覚えました。それ以後、野球の大ファンになりました。子供心に、カープが日本一になるまでカープを応援すると決めました。まだ日本一になっていません。もう一生カープファンです。 2連覇しました。僕の目標は広島黄金時代の到来です。毎年優勝争いに絡んで、そして優勝して、日本一になる。 東京人ですが、広島の試合はradikoで毎試合欠かさず聴いてます。テレビ中継があるときはもちろん見るし、毎年10試合近くはチケットを購入し観戦に行きます。 東京人の熱烈広島ファンの奮闘を辿るブログです。

2017年03月

ラジオで広島戦を熱烈応援しながら料理

広島・・

ジョンソンダメか

なんか打たれそうな気がしていたよ

守備も足を引っ張ったようだ

田中、菊池はWBCの疲れがあるんじゃない

守備で負けた

粘ったけどね

粘り・・いいじゃん

簡単に負けない

大事な事だ

サードに新外国人を使わなかった

明日相手が能美なら、

サード堂林か?

堂林には期待している

一気にレギュラー取っちゃえ

中継ぎも打たれたね

まだチームにまとまりを感じない

WBCの悪影響

それはどこも一緒さ

去年も確か開幕戦は負けた

最初は五分五分くらいで行って、

徐々に調子を上げよう

非常に残念な結果になりました。

翌日の新聞読みました。

選手や監督を非難する記事は見つからない。

ただ力負け

相手は各上でした

小久保監督の采配にミスは無かったと思う

3番青木のところを坂本でもよかったのでは?

と思うけど

それは細かい事だから

先発菅野

2番手千賀

平野、宮西、秋吉とつないだ9回

ミスはなかった

刀折れ、槍も折れ、矢も尽きた

もっとゲームが動いていれば、メンバーも多数変え、

総力戦になっていたと思う

エラーで負けたのは非常に残念だが、

これが野球

侍ジャパンに感謝を告げよう

ナイスファイト! 

10:00

WBC試合開始

菅野はよく試合を作った

二番手に千賀をあげるあたり、小久保監督は勝ちに来ている

決勝の事は考えていない

この試合だけを取りに来た

積極的采配だ

心地よい

しかし

失点が2点ともエラーって何だよ

名手菊池のエラーは喜べない

名誉挽回のホームランがあったけど

松田もエラーか

声を出してチームを引っ張っている松田のミスは責めれないけど、

エラーで負けか・・

この4年の最後がエラーで負けか・・

納得出来ない

エラーか・・

まぁしょうがない

代表チームだし

育てようがないと思うし

寄せ集めだし

はぁーー

エラーか・・

11:20

新聞読む

菊池を絶賛している

広島ファンの僕から言わせれば、菊池なら当たり前のプレーだ

忍者とか言われているようだ

菊池もメジャーに行っちゃうかな?

千賀は良かったでしょ?

おばけフォークは外国人には有効だと思っていた

ストレートも150㌔超えるが、

ストレートで抑えられると思ったら大間違い

大谷ならともかく、

150㌔越えのストレートでメジャー選手を抑えられると思ったら大間違い

リードする小林君

わかっているのかね?

そろそろ慣れたろ?

打線は相変わらず活発

中田翔欠場はどうしたのかと思っていたけど、

腰の違和感らしい

それなら仕方がない

内川も打ったしね

さぁ、ベストだ

相手はどこになるだろう?

逆のブロックの方が強豪が集まっていると思われる

ドミニカ、プエルトリコ、アメリカ

すげー強いぞ

日本の底力を信じている

22:00

アプリの整理も終わり、WBCに集中

千賀はやはり外国人に通用した

通用すると思っていた

前半チャンスでもう一本が出ず、ハラハラした

でもやっぱ筒香だね

君が日本の4番さ

中田欠場はどうして?

小久保監督、内川を使いたかったの?

まぁ活躍したから許すけど

さてベスト4です

相手は強豪であります

いままでより、ワンランクもツーランクも上だと思われる

ドミニカ見なよ

スゲー強そうだ

プエルトリコもスゲー強そうだ

そしてアメリカは本気だ

この3チームのうち、1チームは落ちるんだよ

すげーサバイバル

スゲー球の速い投手とか出てきたらどうするの?

打てるの?

そして準決勝の先発は菅野だと思うけど、

抑えられるの?

先々厳しい戦いです

でも僕は日本の底力を信じている

このページのトップヘ