小さなドラマの一つ一つが、カープ女子のハートを揺り動かしているのではないか。

マエケン

彼はいつも下位に低迷していたカープと言うチームを一躍、全国レベルの注目度に引き上げてくれた選手である。

日本のプロ野球ファンが彼に注目したのは、その若さ溢れる投球だけではなかった。彼が発する言葉や行動が、いまに生きる人たちの感覚にピッタリと合致し、素直に好感が持てたからである。

「黒田さんは素晴らしい投手です。ただボクだって負けているわけにはいきません。」

カープに復帰した黒田について聞かれたとき

「開幕投手は監督が決めること。しかし、ここは遠慮するところではない」

彼はその後に登場する若い投手のモデルとなった。類を友を呼ぶという言葉がある。その後のカープには、野手を含め、彼に続けとばかりに、それぞれの個を持った選手が続々と登場する

還ってきた黒田

黒田が

「(カープへ)帰ります」

と電話でいった時、球団関係者は震えが止まらなかったと言う
その報告を聞いたある球団幹部は、思わず飲みかけの野菜ジュースパックを握りつぶしたという

カープファンはこれまで黒田の残した数々の言葉を忘れない

「カープとカープファンを相手にして投げる自分の姿は想像できない」

堂林ブームとカープ女子

カープ女子を語る時、この男の存在をヌキにしては語る事ができない。堂林翔太はカープ女子ブームの火付け役を果たした男である

2012年の開幕戦、堂林翔太の名前が「7番・サード」で表示されていたからである。それは野村謙二郎の覚悟の表明でもあった。

彼はいくら三振してもフルスイングである

「人生はフルスイング。そうすれば、失敗しても悔いは残らない」

型破りな男

カープにスーパーマンみたいな選手が登場した。彼はこれまでの日本のプロ野球選手のモノサシでは測りづらい選手である。

菊池涼介

牛若丸のような守備は見ていてウキウキする。全身がバネのよう。身体能力もすごいのだが、何よりも全力プレーが気持ちいい。

エルドレッド

この男はチームメイトからカントリーと呼ばれ、とにかくお茶目で可愛いのである

東京遠征に行った時は一人でラフなかっこうで山手線に乗る

監督の言葉に素直に耳を傾け、守備ではダイビングキャッチを試み、一塁へヘッドスライディングする

2014年シーズン途中、堂々とセリーグの2冠王だった彼を2軍に落とす

カープでは二冠王でも2軍に降格することがある

このシーズンカープでは2005年の新井選手以來5人目となる本塁打王に輝く

カープというチームにしか生まれない男のドラマがある。
そういう苦節のドラマが刻まれる限り、カープ女子の声援が絶えることはないだろう