東京人の広島カープ応援奮闘記

東京人です。広島を好きになったのは、1986年の日本シリーズ、第1戦引き分けの後広島3連勝、後4連敗で敗戦したあの時です。家族は西武デパートが安売りをするので西武を応援していました。子供だった僕は「赤い方かわいそうじゃん」と思い、心の中で一人カープを応援していました。が、3連勝の後、4連敗。野球に興味のなかった子供でしたが、初めて真剣に見た野球で、怖さと魅力を覚えました。それ以後、野球の大ファンになりました。子供心に、カープが日本一になるまでカープを応援すると決めました。まだ日本一になっていません。もう一生カープファンです。 2連覇しました。僕の目標は広島黄金時代の到来です。毎年優勝争いに絡んで、そして優勝して、日本一になる。 東京人ですが、広島の試合はradikoで毎試合欠かさず聴いてます。テレビ中継があるときはもちろん見るし、毎年10試合近くはチケットを購入し観戦に行きます。 東京人の熱烈広島ファンの奮闘を辿るブログです。

カテゴリ: 商品の紹介

2014年シーズン、
一部の勇気あるプロ野球解説者が、
カープ優勝説を唱えた

2014年のカープは前季より一人多い六人の外国人選手でスタートした。
実績のあるバリントンとミコライオ
技巧派中継ぎフィリップス
野手陣にはエルドレッドとキラ
練習生だったロサリオ

その後球団はシーズン途中にももう一人の外国人と契約を交わす
ヒースである

そして外国人はフル稼働し、
本塁打と打点の2冠のエルドレッドを2度も2軍に落としたり、
投手陣のフル稼働もチームを救った

2014年のカープを語る時、
キクマルコンビの話を抜きには語れない
この二人は連打が多く、
相互刺激装置のようなものがあったと考えられる
これはチームを強くした

カープは集中打での逆転が多くなった

しかし交流戦前までトップだった位置も、
交流戦は最下位で首位を明け渡す

その頃のカープ女子の応援ぶりは大変なものだった
この現象は関東だけのものだと思っていたが、
福岡でも札幌でも状況は同じだった

8月20日未明、
広島県北部で土砂災害が起きる
そして広島に戻ってきた8月22日、
全員が喪章をつけて戦うことになった
前田健太は完封する
本来では分業制が確率された現代の野球では、
リリーフへと繋いで行くのだが、
彼は
「完封しか意味がないと思っていました」
と言い広島を盛り上げる

この年広島は3位でクライムックスを阪神と戦い
惜しくも敗れる

これで野村謙二郎の監督としての仕事は終わりとなる

そして2015年から緒方孝市監督就任となる

Androidのアプリ「カーチカチ」を定期購入しました。

これで新シーズンの準備も完璧です。

去年まではradokoの有料324円で、

RCCのラジオを聞いていましたが、

今年からはカーチカチでRCCを聴きます

450円かかりますが、

radikoでもRCCしか聞かなかったし、

カーチカチはRCCしか聴けませんが問題ありません。

やはりお金はカープ関連に使いたいですよね

広島方面の新聞の記事も読めると聞いてますし、

楽しみが増えました

今季も優勝!

そして悲願の日本一を目指して!

今年も頑張りましょう!

僕は今年も優しく厳しく応援しますよ^^;

「~カープ大変革の過程で見えた境地~」

2011年のドラフトで菊池が入団した時、

「カープにはいないタイプだね」

と言われたそうだ

その菊池はカープ球団の雰囲気が重いと感じ、

思い切って声をいろいろと出したそうだ

その時の内野守備・走塁コーチの石井琢朗氏も同じように声を出す人で、

菊池の声出しを後押ししてくれたと言う

今では名物のマツダスタジアムでのヒーローインタビュー時の水かけ、

菊池が始めたと言う

当時選手会長の梵英心氏も、

「今日は誰が行くんや?」

と言ったそうだ

そんな積み重ねで、

カープは新入団選手がすぐに馴染めると言う

菊池涼介が入団してきた時は、

まだ先輩が怖く(威圧感が強く)、

構えてしまったと言う

そんなチーム内雰囲気が変わった

14年オフに、

緒方監督に、

丸と菊池でチームを引っ張って欲しいと言われた菊池

丸と話し合い

凡ミスはしないようにとか、当たり前の事を当たり前にやろうとか、確認したと言う

17年からは田中も加わった

菊池涼介はコーチにも思った事は言う

そんな菊池涼介に選手会長の小窪哲也は、

「どうにかしてほしいなら、俺も上の人なり、しかるべき相手に話してやるから、言葉には出さないようにさせてくれ。なにかあれば、俺に言ってこい。」

と受け止めた

菊池は自分自身をリーダーでは無いと言う

リーダーはしっくりこないと言う

菊池自身はどちらかと言うと楽しくやるタイプ

リーダーは真面目で黙々とやるタイプが良いと言う

黒田氏と新井氏の存在はデカイと言う

いろいろ学んだと言う

カープは昔は投手と野手の仲が悪かったらしい

今は

一緒に食事に行く機会を作っていたり、

オフのリハビリキャンプでさっくばらんに話している

そんな結束が、

ミラクルな逆転劇を生んでいると言う


広島東洋カープの2塁手

菊池涼介氏が書いた本です

はじめに

はこの本を書く決意で最後を締めています

入団したのは2012年

から始まり

入団した時の監督野村謙二郎氏から

「お前は、野球を知らずに入ってきた」

と言われた事

多くのコーチに基本を1つひとつ学んだこと

菊池涼介氏は、

違うと思えば遠慮なく言ってしまう正確だそうです

アマチュア時代からコーチと衝突していたとあります

衝突した後、

「雨降って地固まる」ではないが、

それ以前より良好な関係を築けるそうです

それは菊池涼介の人間性ですね

彼がチームに入ってきた時は、

「空気が重いな」と言う印象だった

菊池涼介はそれを変えたいと思ったのです

なかなか出来ることじゃないですよね

その決意だけで称賛ものだと思う

この本は菊池涼介が書いた本です

カープファンなら必読です

ビジネスの観点から広島カープを紹介している本です。
僕的には非常に面白かった

カープの名選手のヒストリーもあり
球団が選手を大事にしている事を感じられます。

ビジネスとしてカープが成功している要因が、
細かく書いてあり

僕もそう言う組織を作りたいと思うし
その組織の一員でありたいと強く思いました。

チケットが手に入らない問題も書かれてあり
そこは改善点だとありました。

僕もそう思う
マツダスタジアムのチケット、
僕も欲しいです

チケットが手に入れば、
東京から遠征も前向きに考慮します。

このページのトップヘ