東京人の広島カープ応援奮闘記

東京人です。広島を好きになったのは、1986年の日本シリーズ、第1戦引き分けの後広島3連勝、後4連敗で敗戦したあの時です。家族は西武デパートが安売りをするので西武を応援していました。子供だった僕は「赤い方かわいそうじゃん」と思い、心の中で一人カープを応援していました。が、3連勝の後、4連敗。野球に興味のなかった子供でしたが、初めて真剣に見た野球で、怖さと魅力を覚えました。それ以後、野球の大ファンになりました。子供心に、カープが日本一になるまでカープを応援すると決めました。まだ日本一になっていません。もう一生カープファンです。 2連覇しました。僕の目標は広島黄金時代の到来です。毎年優勝争いに絡んで、そして優勝して、日本一になる。 東京人ですが、広島の試合はradikoで毎試合欠かさず聴いてます。テレビ中継があるときはもちろん見るし、毎年10試合近くはチケットを購入し観戦に行きます。 東京人の熱烈広島ファンの奮闘を辿るブログです。

カテゴリ: 本の紹介

「カープを蘇らせた男」

非常に面白い本です。

カープファンなら必読可と思います。

よりカープを愛せます。

カープの元オーナーと元同量の作者の話は、

非常に興味深く面白いです。

オーナーは大学生とのゼミに参加して、

大学生の意見も(若い人)取り入れているとあります。

大学生のゼミで出た案はほぼ実現したそうです。

ビジネスの視点からの意見が多く、

カープが何故成功しているのか?

がよくわかります。

ネットビジネスをしている僕にも、

非常に参考になる1冊でした。

カープファン以外にも、

ビジネスで成功する策略が知るされてあり、

読む価値は大いにあると思います。

本の中にも書かれてありますが、

実際に企業が(大企業も)、

カープの戦略を参考に視察に訪れたりしているそうです。

オススメします

ビジネスの観点から広島カープを紹介している本です。
僕的には非常に面白かった

カープの名選手のヒストリーもあり
球団が選手を大事にしている事を感じられます。

ビジネスとしてカープが成功している要因が、
細かく書いてあり

僕もそう言う組織を作りたいと思うし
その組織の一員でありたいと強く思いました。

チケットが手に入らない問題も書かれてあり
そこは改善点だとありました。

僕もそう思う
マツダスタジアムのチケット、
僕も欲しいです

チケットが手に入れば、
東京から遠征も前向きに考慮します。

新井さんの
「広島を幸せにしたいから」
から始まります

カープに戻ってきた2015年のマツダスタジアムでの開幕戦、代打で打席に立った時にもらった拍手は一生忘れないそうです。

誠也の
「天下無敵の4番道」

新井さんと山本浩二氏の
「カープの4番って何だ?」
山本浩二氏が監督を努めていた時に4番に指名された。
新井さんの苦悩が描かれています

大瀬良の
「解き放った野生」

黒田さんと北別府氏の
「カープのエースって何だ?」

會澤さんの話
「扇の要は怯まない」

野間&西川の
「最強バイプレーヤーの肖像」

緒方監督の
「破壊なくして勝利なし」

1984年
「神風が呼んだ日本一」

衣笠祥雄
「フルスイングの美学は永遠に」

江夏豊×古葉氏の
「『21球』の恩讐の彼方に」

盛り沢山です
600円でこの内容なら本当に充実してます

僕は学生時代からNumberのファンです

今回も野球だけで無く、

その人のヒューマニズムを追求するような記事が好きです

今回は特に、

衣笠氏の話が非常に心を打たれた

買う価値ありますよ

2018年度、
カープ後東京ドームへ野球観戦に言った際、
グッズストアで購入した本です。

緒方監督の記事から始まり

新井さん引退の記事

選手会長會澤さんの記事

松田オーナーのインタビュー

野間と西川の対談記事

江夏豊の伝説の話

等、盛り沢山です

ただ1000円する値段には、

ちょっと内容が薄い気もします

でもカープ優勝の記念に読んでおくべき一冊だと思います

カープファンなら読む価値はある

僕が注目したのは、

野間と西川の対談

関西出身の2人は仲が良いそうです。

菊池が寮で、

布団の上にお菓子を敷き詰めてあったり

パンツを全部隠したり

夏に暖房をつけリモコンを隠したり

とかイタズラをしていたそうです(笑)

野間が言うには

「竜馬は出れば打つ。ビックリすることなかった」

西川が言うには

「野間さんの身体能力、トリプルスリー級ですよ」

仲の良い二人、今後の活躍に期待です。
カープ3連覇 (サンケイスポーツ特別版)
大阪サンケイスポーツ
サンケイスポーツ
2018-09-30


このページのトップヘ